*STORYのある器で、愛のある盛り付けを*

「料理は人に感動を与え一生の記憶に残る物」。レストランのようにプロが施すスタイリングも素敵だけれど、もっと手軽に家族や来客をワーっと驚かせるアットホームな盛り付けの方が心地良い。誰にでも手が届きそうな親しみのあるスタイリングで、今日から貴女も盛り付け美人を目指しませんか?

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

出張レポート(3/24 大分 枝次養蜂園)

新年度は皆さまお元気にお過ごしでしょうか?
お引越しされたばかりの方も多いと思います。
新しい環境に1日も早く馴染めれば良いですね。

さてさて・・出張レポートの続きを。
candleholderbeeswax.jpg
こちらは、橋本尚美さんのキャンドルホルダー &ミツロウワックスです。

   +
湯布院に出かけた24日の夕方に、枝次養蜂園を訪問してきました。

エコラップのお仕事の一環として現場を見学させていただきたかったのと
尚美さんのキャンドルホルダーの中にいれるミツロウキャンドルの打ち合わせのために
枝次社長とアポを取っていました。枝次社長はなんと!尚美さんとは古くからのお友達(びっくりでしょ!)

bee002.jpg
養蜂現場はこんな感じです。
湯布院から車で30分くらいのところにあります。私の実家からも程近いんですよ。

蜂の巣箱の近くまで行って写真を撮ってきたのですが、うん万匹の蜂の前でビビってしまい
ちゃんとした写真は1枚も撮れてませんでした😢 うじゃうじゃっとした蜂の写真ならあるんですが
ピンぼけでしたので、別の機会にまたチャレンジしようと思います!

枝次社長には、蜂の興味深いお話を沢山伺いました。
働き蜂にはオスはいなくてメスばかりだという事や
オスは働かなくて良いことや
女王蜂の寿命は3年あるけど働き蜂は2ヶ月しかないことや
働き蜂には内勤と外勤があることetc

誰も教えていないのに、蜂たちは自分の役割がわかるなんて・・
ほんとに自然界の摂理に感動です!

bee000.jpg

お客様からのご要望で、「尚美さんのキャンドルホルダーに詰め替え用のキャンドルがあると嬉しい」
というリクエストがありましたので、打ち合わせしてきました。
mitsu.jpg
通常はこのような形状が一般的かと思うのですが、あのキャンドルホルダーならば
粒状の蝋が良いのではないか、、?という案が。

芯用の紐もミツロウとセットで販売する方向で考えています。


++++

余談ですが、5年ほど前にイタリアの養蜂所を訪ねたことがあります。
IMG_0318_201804032255361a7.jpg
こんな巣箱でした。
やっぱり国が変わると巣箱も違いますね^^

| | 22:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

出張レポート (3/23 マリンメッセ福岡2018) その2

もうお気づきかと思いますが、ただいまwebサイトをリニューアル中でございます。
今朝マオちゃん(現在は在宅でお仕事お願いしています)とスカイプミーティングして
お客様目線で修正点等を洗い出しました。
これからじっくり時間をかけて変えていく予定です。


・・・と、また脱線してしまいましたけど
出張レポートのつづきを。

福岡マリンメッセでは、クラフト石川さんと2年ぶりの再会でした。
messe008_201803292306584f0.jpg
新作のキャセロールがかわいかった💕
craftishikawa_20180329230851dc4.jpg
こっちの片手鍋もカワイィ💕
ブースが混み混みだったのであまり長居ができませんでしたが
この2種の土鍋がとても気になりました。
石川さんの器って夢があっていいなぁ✨お料理モチベが上がる器が多いなぁと感じています。

陶磁器フェアでは今回は残念ながら新しい出会いはありませんでした。
でも、こうしていつもお世話になっている作家さんたちに会いに行って
またお互いの仕事のことなど情報交換するのは必要だから
遠くても足を運びたいと思ってしまいます。

いつも九州方面が多いので、いつか北海道方面にも行けたらいいなと思っています^^


レポートはまだ続きます♪



| | 23:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

出張レポート (3/23 マリンメッセ福岡2018)

継続は力なり。
ということで今日もボランティア活動(日本語レッスン)だったのですが
先週お休みしている間にヨーロッパは夏時間を導入していることを
ウッカリ忘れて1時間前倒しに始まったという・・><

外出先から花を購入して帰ってきたばかりで、今日のカンバセーショントピックは
「私にとってお花とは・・」から始まり「好きな季節」~「有給休暇」~
「定年後のプラン」にまで発展!

英シェフィールドの大学でITスペシャリストとして働いているE氏。
独学でも日本語頑張っている様子が分かります。
2年前はこんな会話はできなかったですから。
まだまだ文章にするのが苦手だから課題は多くありそうですけれど
すごいなぁと思うのは、よくデキた日は「今日はよくできました」って自分をちゃんと
ほめてから締めるんですよね。これはぜひマネっこしたいです(笑


脱線してしまいましたが、今回の出張の目的の一つである「陶磁器フェア@マリンメッセ福岡」に
先週橋本尚美さんと一緒に行ってまいりました。

messe005.jpg
一番最初に立ち寄ったのは文五郎窯さん。白黒の器たち、いつ見てもカッコよいディスプレイに
目を奪われました💛
messe003.jpg
messe002.jpg
messe001.jpg
messe004.jpg
文五郎窯さんの十草シリーズも大好きなんですけど最近の私は
無地(というか2トーン)に惹かれます。年取ったからかな!?
DSC_3337.jpg
キュンキュンしたのはこの刷毛目プレート。このお皿を3枚だけ仕入れてきました。
帰りの✈、手荷物として大事に持って帰ってきたので自分で愛用したくなってしまいました(^-^;
みんな欲しいと思うけど、どうしよう。撮影用に使おうかな。
(もし奥田さんがまた作ってくださるようでしたらIVORYで販売させてもらえるよう交渉しますね!)

自宅が間違いなくレストランになる!そんな素敵プレートです。

| | 17:24 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

近場で過ごしたGW

大変ご無沙汰しています。
連休はお蔭様でノンビリと過ごさせて頂きました。
今年は仕事から離れプライベートな時間100%満喫しました。

日記風に報告します(o^―^o)


on the 28th - 29th of April
besso.jpg
葉山の貸別荘でノンビリと。
yuhi.jpg
別荘からは海が。遠くに江の島や富士山も見えます。
zushi.jpg
お夕飯は逗子駅で調達した鮮魚と鎌倉野菜を使って。
nagisa.jpg
なぎさ橋珈琲店にて珈琲ブレイク~逗子のビーチをお散歩。
hiroyama.jpg
浜○あゆみや松○奈々子の豪邸がある披露山hillsの眺めと、公園に居た野生のリス。

on the 5th of May
matsuri.jpg
府中・大國魂神社のくらやみ祭りを見学に。

on the 7th
golf.jpg
東京郊外にあるファミリーゴルフ場にてパター。ホールインワン2回出して大喜びヽ(^。^)ノ




【間違い探し臨時クイズ】
DSC_1737.jpg

こちらは旅行中に見つけたレストランの看板です。
この看板、間違いが1つあるのを見つけてしまいました。

Q. その間違いとは何でしょうか?
(                       )

コメント欄にご記入ください。
正解者(先着)1名様に送料無料券をプレゼントします❤

  

| | 18:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大分の作家さんたちと過ごすお正月③

旅話の最終回です。
1月4日。東京に戻る前日、甲斐のぶおさんの奥様と大分でお会いしました。

IMG_3351.jpg
奥様おすすめのフェリー乗り場近くのこのお店に連れて行っていただきました🚙
ほぼ360℃海に囲まれた「かもめのジョナサン」という
とっても洗練されたカフェです。

大分にもこんなに素敵なところがあったのね~(!)

海の近くと行ったら、オバチャンが経営している食堂くらいしか
行ったことなかったのに。
大分もどんどんお洒落になってるな~って感じました。

kamome_20160112073753765.jpg
遠くに別府湾を臨みながら、ボリューム満点のランチセットを頂いてきました!
IMG_3361.jpg
IMG_3353.jpg
空も海に負けないくらい青くて元気をいっぱい頂いた1日でした✨

  +

最後に、大分の名物「とり天」をご紹介します。
IMG_3350_201601122232198b8.jpg
こちらは年末に入ったファミレスで頼んだとり天。
大分県人いわく、偽物っぽいとり天とのこと。確かにナゲットみたいな食感だった。
それでも美味しかった♡

IMG_3366.jpg
こちらは✈出発前に大分空港内で頂いたホンモノのとり天。
外側はカリッ中はジューシー。
カボスかけて、ポン酢にディップして頂きましたよん🎶

大分にはまだまだ美味しいものがあるんですが
今回は”とり天”のみのご紹介でした。

旅のレポートはここまでです^^ゞ 
最後までお読み頂きありがとうございました。

大分でお世話になった皆さん 
楽しいひと時を有難うございました

| | 07:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT