*STORYのある器で、愛のある盛り付けを*

「料理は人に感動を与え一生の記憶に残る物」。レストランのようにプロが施すスタイリングも素敵だけれど、もっと手軽に家族や来客をワーっと驚かせるアットホームな盛り付けの方が心地良い。誰にでも手が届きそうな親しみのあるスタイリングで、今日から貴女も盛り付け美人を目指しませんか?

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

息子がダイエットを始めました。

暖かくなってくるともうコートで体型は誤魔化せないですよね~~(;^ω^)💦
幸か不幸か丈の長いカーディガンが今年も流行っているから隠せそうな気もするけれど
いや、やっぱり誤魔化せないですよ。

そろそろダイエットしないとなぁ~と考えていたら
イタリア食材の輸出アレンジを担当してもらっているクレアから
タイムリーにダイエットネタが届いたのでUPします。


   +


As my son injured his ankle last October, he couldn't play anymore with his favourite team at Tchoukball, which is a bit like handball. At first he thought it would have lasted till Christmas, but his ankle hurt also in February, so, we went again to see orthopedic doctors, physiotherapists, etc... There is nothing seriously wrong with his ankle, but he must take it slow (for a teen aged boy, that is very difficult !!). But in all these months in which he didn't work out, he put on some weigh in the belly, so he decided to follow a diet to increase his muscular mass instead of fat. The diet should be done together with a good amount of physical exercises, in order to burn the fat cells and increase the muscles. But as my son doesn't do a lot of exercise, he decreased a bit the quantities (he is eating about 80% of the quantities indicated).
息子のフランチェスコは去年の秋に部活中に足を怪我してしまい、
医師からしばらくは運動を控えるようにと言われてしまいました。
数か月間部活を休んだために筋肉が減りお腹周りに脂肪が付いてきてしまいました。
そんな息子がダイエットに挑戦すると言い出し、我々も協力することに。

ダイエットを成功させるには、食事制限と運動が必須となりますが、彼の場合は運動がダメなので
食事の内容、回数、量の調整でカリキュラムを組んでいます。

The diet consists of dividing the quantity of calories into 6 different meals : breakfast – snack – lunch – snack – diner – snack.
For breakfast he is eating everyday a porridge, 5 crispbreads with honey or marmalade. 1st snack : cottage cheese, 1 slice of rye bread, 1 apple.lunch : 100 gr dried beans or chick peas or lentils to cook, 100 gr salad or rocket or other raw vegetable with some olive oil. 2nd snack : small can of tuna, bread, 1 fruit. supper : 200 gr meat or fish, 300 gr cooked vegetable, 1 slice of rye bread, some olive oil. 3rd snack : fruit and some dried fruit (30 gr of almond, nut, hazelnut) To drink : water !
1日6回の食事(朝食~軽食~昼食~軽食~夕食~軽食)を続けています。

DSC02507.jpg

・朝食: ポリッジ(オーツ麦のお粥)とクリスプブレッド5枚(ハチミツかマーマレード使用)+水
   ↓
・軽食:カッテージチーズ、らい麦パン1枚、りんご1個+水
   ↓
・昼食: 豆類100g、生野菜サラダ100g(オリーブオイル使用)+水
   ↓
・軽食:ツナの缶詰(小)、パン、果物+水
   ↓
・夕食: 肉か魚200g、火を通した野菜300g、らい麦パン1枚(オリーブオイル使用)+水
   ↓
・軽食: 果物とドライフルーツ(アーモンド30g、ヘーゼルナッツ等)+水

frankysd.jpg

I must say that he is trying his best to follow strictly this diet, not eating anything he used to eat like crisps, biscuits,... The fact is that with this diet you feel rather full, and don't feel the need to eat something else. But as he is preparing for his end-of-high-school exams in June, he should be very nervous and I know that he would eat something else with more sugar and also chocolate in it ! It is now 3 weeks and he lost a bit of his belly, which is really encouraging, as he is not doing much exercise at home, at least.
これまで大好きだったお菓子類を絶ち、日々ダイエットに邁進中です。
このダイエット法ならば流石にお腹も空かず間食も不要!
それでも6月に期末試験があるからそのストレスでうっかり甘いものに手を出すんじゃないか。。。と思ってみたり(^ω^)

4週目にしてようやくお腹の脂肪が減ってきたようです。
家で運動をしてないのにダイエット効果が現れたのは、彼にとっても励みになっているようです^^

DSC02505.jpg
*私たちも彼の食事につきあうことも(笑


*gwanko's comment*

若い男子でも運動を止めてしまうとお腹に脂肪がつくのね(人ごとじゃないんだけど。笑)
それにしても1日6回も食事を用意しないとならないなんて!!
私ならとてもじゃないけど出来ません(>_<)
やっぱり愛情がないと出来ないですよね。

献立を見ていたら、私が今取り入れているダイエット法と被るところがありました。
例えば炭水化物は白いものを避けて黒(玄米ごはんor玄米パンorらい麦パン)にするとか。
あとは豆類やらローフード(生の野菜、ナッツ)を摂るところとか。
水もしっかり飲んでいますし^^

フランキーも頑張ってるから私も運動を加えて夏までにナイスバディを目指します!?
とっても参考になりました。ありがとう!!

| イタリア在住クレアの日誌 | 19:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

乳癌手術を受けた女性にエールを

北斗さんのショッキングなニュースは
まだ記憶に新しいと思いますが

私の周囲に乳癌手術を受けた女性があまりにも多く
この記事をUPするべきかどうか凄い迷った末
やはりUPしようと今日決意しました。

イタリアでもこんな活動がある・・・という事を知っていただいて
それが直接勇気とかに繋がるのかどうかは別として
このPCを介して、ちょっとでもエールが送れたら嬉しく思います。


FASHION SHOW in Ferrara
moda ferrara - girls from Parade 1
I went to admire a special Fashion Show in the City Center of Ferrara. It was organised by the Breast Cancer Association. It was a way of saying that even if some of them had to undergo an mutilating operation, they could still look nice or even beautiful ! It was not the end of their life.
先日地元Ferraraで開催された乳癌協会による催事を見に行ってきました。
その催事は乳癌手術を受けた女性にエールを送るためのファッションショーです。

So the first part of the Show was a parade of 5 women of different ages and shapes, each of them made 2 appearances and they presented casual clothes, then the second part of the Show was more with slim, young girls wearing elegant clothes on just one appearance.
第1部は、年齢も体型も異なる女性が2回に渡り衣装を替えて歩くもので、
第2部はもっとエレガントな服を身にまといながら歩くショーでした。モデルさんは皆手術経験者です。

moda ferrara - girls from Parade 2
moda ferrara - girl from parade 2
I felt like I could have bought and wore the clothes of the first 2 parades, but I would never have wore the last one. Far too elegant for my taste and life style. But very agreeable to look at !
第1部で紹介された服はまだ購入しても良いかなぁと思いましたが、
一方、第2部の方で紹介された服は私にはフォーマルすぎて
買いたいと思うおものはありませんでした。
(見ている分には素敵なんですけどね^^;)
Between one parade and another, some of the representatives made some speech about the reasons why they decided to organise this Show, there even was one representative of the City of Ferrara and also some music, unfortunately far too loud for my taste, and a woman who sang 3 very well-known songs.
moda ferrara - the singer
moda ferrara - the presenter
ショーとショーの空き時間に、主催者からのご挨拶と女性歌手によるライブが入りました。
(曲は有名だったから知ってましたけれども趣味に合わなくかったかなぁ・・^^;)
moda ferrara - the room
After the whole Show, which was on the first floor, was organised a nice refreshment : fruit juices, some small toast of polenta with mushrooms, parmigiano or raw ham on top of it.
ショーが終わったら下階でちょっとしたリフレッシュメントが。フルーツジュースや簡単なスナックを楽しみました^^
The whole Show lasted one and a half hour, but was very interesting.
1時間半ほどのイベントでしたが大満足でしたよ~🎶

                                      from Clair (in Ferrara, Italy)


  +


今回のファッションショーに限らず、フェラーラのシティセンターでは色々な催しがあるみたいです。
画像を拝見すると、ちょっと古めかしいムードが漂っていますが
これはクレアのカメラが原因みたいです。画像の加工を施してみたのですがどうも昔っぽい(昭和っぽい?)
雰囲気が抜けません。

もしかしたらスタイリストさんの服のセレクトが悪いのかも!?(大きな声では言えませんけどね^^;)

DSC_0318.jpg
こちらは昨日撮った満開になった河津桜です。 
春が近づいてきました。

そろそろ白バルサミコ酢を取り寄せようかなぁ~♥

| イタリア在住クレアの日誌 | 19:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スイスの温泉地にて

イタリア食材の仕入れ担当クレアから、温泉旅行レポートが届きました!
なんとタイムリーな!でもスイスなら海派ではなく山派ですよね..だって海がないもん(笑)

クレア一家が訪れたLeukerbadと言う町は、私も電車で通り過ぎたことがあります。
温泉を目指す旅行者たちがこの駅でゾロゾロと降りていく光景が印象的でした。

それでは、クレアのレポート、行ってみよう♪

*クレアはイタリアに今住んでいますが出身はスイス・ジュネーブです。
彼女のお父さまはジュネーブの郊外に住んでいます。


  +


This year my father had his 80's birthday ! He decided to have one party
with all his best friends (he invited 100 people and only 85 came up !)
and his family like a lunch buffet in which everyone could bring a starter
or a dessert and he ordered a hot main course. It was a big success and he
was very pleased afterwards to see all his friends and family together.

私の父は今年80才。彼のお誕生日に友人ら85人を呼んで立食パーティを開くことに。


Then he decided that as a family (his 3 daughters and a families = 9 people)
we should do something together in the autumn for a whole week-end.
He chose to go in the Swiss mountains, in a place called Leukerbad,
where my grand-mother (but not his mother) came from, where there are some
hot springs, that made the village famous.

週末は家族9人でLeukerbadへ。ここは母方の祖母の故郷でもあります。
leukerbad37.jpg

But first we rallied at a place everyone knew for having some picnic together
and then we went for a walk, my sister and he wanted to show us (they walk
a lot together on the mountains), they said it was spectacular. Oh yes it was !
My daughter Maddy was afraid to go on these metallic bridges, because they
swing a bit and you could see underneath your feet. But otherwise the view was fantastic.

Leukerbadに向かう途中、父と妹がよく来ている馴染みの吊り橋スポットに立ち寄りました。
娘マディは非常に怖がってましたが、景色は最高でした!
Leukerbad1.jpg

Then we went to Leukerbad where some cousins of my mum's are running a kind
of youth hostel with rooms for 4-6 or 10 people, each with their own bathroom.
Very clean and very comfortable. We had a stroll in the village, before going to dine
in one of the best restaurant of the place (which my dad phoned in advance to book).
Everything was excellent. We had a very good evening.

私の母の従兄妹たちが経営しているユースホステルです。ここに宿泊しました。
なかなか素敵な宿なんですよ。


Then my dad and my sister went to bed around 11 p.m. and the rest of the
company stayed to have some more drinks and some good laughs together
(because my dad is rather serious). Then we went to the place to sleep, but
that took us quite a long time, because some people were pretty drunk !
They were walking slowly, always stopping to have a laugh, ...

皆で美味しい食事を頂いて、マジメな父と妹は11時くらいに就寝。
しかし残りのメンバー(自分も含め)で遅くまで宴会が続きました(^^ゞ

DSC02298.jpg

In the morning the breakfast was ready for us at 8 a.m. and after that we went
to the baths. Oh! I love those : nicely hot, inside and outside, each of the swimming
pools have a different temperature and different jets and other things. There was
even a small sauna, and also for the kids a long waterslide ! I love it !

翌日は朝8時に朝食を摂り温泉へ。 内風呂と外風呂がありまして全浴槽の温度が違います。
子供用のウォータースライドもあるんですよ。
DSC02310.jpg
There is this tradition in these mountains that they accompany the cattle,
sheep or cows, to the high pastures for the summer, then in autumn
they bring them back to the valley, so that they can eat better food
up there. And this Sunday was the day they brought them back,
which used to be a big feast for the people of the villages, but
now is more like a touristic attraction.
村で飼っている羊たちの群。夏の間標高の高いところで生活していた彼らが
この日ここに帰ってきました。観光客向に見学できるようになっています。

Leukerbad2.jpg

Then as my father paid for a 3 hours ticket, we went out to have a bite to eat.
So there was this big tent under which they made food, cheese raclette (melted)
or sausages, with fries. There were also some attraction like this family-band,
the father and his 2 kids, and the typical Alp horn, with which they used to
communicate from one side of a valley to the other side. Then everybody went
home. But that was an excellent week-end, everything was perfect !

この村で運営するイベントもしっかり楽しみながら過ごした父の誕生日はとても楽しいひと時でした!


                    by Claire (from Ferrara, Italy)


*gwanko's comment*
スイスの温泉って天然ものではなくて人工的な。
しかも効能なしのただのお湯!?と疑いながら読んでましたが、
DSC02282.jpg
なんとなんと、ちゃんと湧いてるお湯らしい。
正真正銘の天然温泉のようでした!!

もし機会がありましたら、是非立ち寄ってみてください!

| イタリア在住クレアの日誌 | 18:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

元同僚宅でバーベキュー♪

イタリアの気候と日本の気候
どちらも良く似ていて

先日数日間、真夏日が続いたときも
イタリアも同様に真夏日が続き
ある日は35℃以上あったそうです。

その直後は連日雨で強風が吹いて、急激に気温が下がったらしく
日本のお天気のうつろい方と全く一緒でした。

地球の裏側のお天気がシンクロしてるなんて!!
広いようで案外世界って狭いのかもしれませんね(*^^*)


さて、そんなシンクロイタリア?では、退職後"田舎暮らし"をする方も
増えてきているようで...(これは世界共通の現象かしら!?)
DSC01953.jpg
クレアの夫ステファノの元同僚マリアローザさんもそのうちの一人。
2ヶ月前に定年退職しました。
あいにく去年ご主人を亡くし、今はこの広いお家に一人で住んでいます。
IMG_5669.jpg
重厚感のある素敵なインテリアですね~~♡

先週の土曜日に彼女の家でバーベキュー会があったので
その時の様子をクレアがレポートしてくれました。

宜しければご覧ください。

BARBECUE AT MARIA ROSA’S PLACE

Last Saturday we went to take part to a barbecue organised by a collegue of my husband, Maria Rosa, who just retired 2 months ago. She first travel a little bit, then began to look after all the things she had to do for the house, so she has not finished yet... but she is doing one after the other.
IMG_5695.jpg
She is living alone now in her big house : her husband died last year and her son is 45 years old with a family and lives in Bologna, but they regularly come to see her, even the children for some holiday. She lives on the road between Bologna and Florence, but at about 30 km from Bologna with the train or the motorway and at 300 m high. In fact she was working in Bologna for 30 years.
IMG_5666.jpg
この方がマリアローザさんです。
She wanted to invite some of her collegues to have some nice time together outside the office and we had really a good time at her place.With my husband we arrived earlier, because he was in charge of the barbecue, so he had to begin at least 2 hours before the people arrived, in order to be ready.
プライベートで同僚たちと楽しい時間を過ごしたい、とずっと願っていたようで、この日やっとお招きしてくれました♡
夫のステファノがバーベキューの担当だったので私たちは2時間前から準備を手伝っていました。
IMG_5668.jpg
数種類のブルスケッタが完成!
bbq01.jpg 
In the meantime I helped Maria Rosa to prepare the antipasti, bruschette with different tastes some of them she prepared the night before : mixed mushrooms, pepper's sauce, white beans with a slice of bacon, fresh tomatoes with basil. She had already prepared the table with the names, so no confusion ! In fact everyone got one fine and the conversation was very lively.
そして席にはゲストたちのネーム札が。テーブルセッティングも完璧で、お食事の時間会話が弾みました!
IMG_5688.jpg
At the end of the meal she brought a very nice "pannacotta cake" with some little red berries on it, which was very agreeable, because very light to eat. Then we made coffee one by one for anyone who wanted it.
デザートにはベリーの載ったパンナコッタケーキを出してくれました。コーヒーはこのマシーンを使って。。

bbq02.jpg

And afterwards some of the people (especially men) went outside to smoke or to discuss some other topics. And after a while also the others went outside, some women wanted some lavender to put in their cupboards, so they cut Maria Rosa's and made small bunches, they also took some rosmarin to bring home. As she lives on the hills away from the big traffic and city, her herbs really had a strong scent. Then some of us made a small walk around, also to have a view of the surroundings, which were beautiful.
We really had a very nice time together and enjoyed ourselves very much. What a beautiful day it was !
男性たちはゾロゾロ外に出て一服したり、話し込んだり。女性たちも時間差で外に出て
田舎で育ったハーブは香りが強いからとラベンダーやローズマリーを積んで持ち帰り用花束に。
お散歩して山の景色を満喫する人もいました。

有意義なひと時を同僚たちと味えてとっても嬉しい1日となりました。

                           written by Claire(from Ferrara,Italy)


*gwankoi's comment*

クレア夫婦が同僚たちと過ごした1日、素敵でしたね。
前にクレアから、イタリア人はイタリア人だけで
つまり外国人と過ごす事をあまり好まない民族だと聞いたことがあります。

スイスフレンチである自分(やハーフの娘と息子)はなんとなく
この国に馴染めなかったりするよ~ みたいな発言をしていたのですが

この記事を拝見すると、そんな事ないのかなって。ちょっと安心しました(*^^*)


| イタリア在住クレアの日誌 | 16:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

余ったリゾットで作れるアランチーニ *レシピあり

イタリアに居るクレアと最後に会ったのは2年前。
(もう2年も経つのか~~)
でも仕事上でずっと繋がっているので
あまり距離を感じたことがありません。
今までは遠い国に思えていたのに。不思議です。

クレアの娘、マッデリーナはジュネーブの大学に通っていて
息子のフランチェスコは隣町ボローニャの高校3年生。
子育てから手が離れたところで、余った時間をどうするか悩み
「やっぱり私には仕事よりも勉強がいい」と決断。
2年ほど前から大学に戻り、得意の文学、英語、ドイツ語を勉強しています。

優秀な彼女は主婦業も完璧です。
手料理はお世辞抜きで美味しいの!!

ここまでデキる女性ってほんとに頭下がるわ~~~( ^)o(^ )

久々に、何か手軽に作れるレシピが無いものかと
先日リクエストをしたところ
簡単なスナックの作り方を教えてくれました。

アランチーニ(Arancini)ってご存知ですか?

そういえばイタリアンレストランで見かけることありますよね?
(某有名店ではチキンライスコロッケとか呼んでたような。。)

彼女のお手製アランチーニを作ってもらいましたので、ご覧ください!


Arancini 1
Arancini, named after the little oranges that these fried rice balls are said to resemble, are best known in this country as a handy way to use up leftover risotto. In fact, they hail from a land far too sun-baked to have developed much of a taste for rich, starchy rice dishes. Indeed, they are said to have been introduced to Sicily by the Arab invaders who also brought rice to the island in the 10th century and, according to Giorgio Locatelli in The Food of Sicily, have only latterly been adopted by the traditional risotto belt far to the north.He reckons they would have fulfilled much the same function as a pasty in this country – the perfect portable, high-energy snack for a day's work in the fields or out on fishing boats. Antonio Carluccio describes them as the Sicilian equivalent of "a sandwich at lunch". They also make ideal picnic fare and, thanks to their ability to soak up large amounts of alcohol, unsurpassable party food.
アランチーニは、10世紀頃アラブ人たちがシチリア島を侵略した際に伝わったお料理です。
オレンジに似ていることから"アランチーニ"(イタリア語でオレンジの意)と名付けられました。
当時は仕事場に持って行くお弁当として人気があったそうです。

Arancini 3

You can have different fillings for arancini – you can keep it simple, as with mozzarella and shredded ham, or complex, as with ragu with peas and cheese, though I think molten mozzarella is probably mandatory. Cutting that mozzarella up into small pieces and distributing it throughout the filling, rather than just stuffing a piece into the centre, makes the arancini more interesting to eat. I've stuck with the classic saffron to flavour the rice.
中に入れる物(filling)は好きなものを入れられますが、おそらくモッツアレラチーズは必須です。
できれば細かくカットして隅々までまんべんなく行き渡るように詰めるのがコツです。
*そうした方が出来上がったときに美味しく頂けます。

Arancini 4
今回、モッツァレラチーズと刻みハム入りのアランチーニを作ってみました。

Some use the classic flour, egg and breadcrumb coating. I'm sold on the Sicilian pastella, or batter, a mortar layer of egg, flour and water that goes on before the breadcrumbs and makes the shell crisp and robust, even when the arancini are left to cool, as they would traditionally be in their homeland.
As the name suggests, arancini are classically quite large, whether they're round or conical, though now they are more popular as antipasti, they are shrinking: from 8 cm some suggest making them the size of a tangerine, or an apricot. Adjust to suit the occasion.
昔は大きなサイズで作られていましたが、今では"前菜"の一品として作られるおとが多いので
小さ目に作る方が増えてきました。 目的によって大きさを変えると良いと思いますよ。

Almost everyone deep-fries their. If your concern is health-related, bear in mind that arancini probably shouldn't be a regular part of your diet anyway. And if it's financial, well, unless you live somewhere where olive oil is cheaper than the vegetable sort, the latter is absolutely fine here. This is a dish you can make almost entirely from leftovers, after all.
結構な油を使いますからダイエットに良いとは言えませんが、残り物の"片づけ"?が出来るから、
ある意味経済的な料理とも言えますよね(^^ゞ


☆材料 (10個分)
※余ったリゾットがある場合は⑤から始めてください

コンソメスープ 800ml
米  250g
塩 1/2
サフラン  適宜
パルメザンチーズ 50g
モッツァレラチーズ 150g
中に詰める物 (例 ハム、マッシュルーム
卵 1個
小麦粉 170g
パン粉 500g
オイル 適宜

☆つくりかた
①スープを温めて沸騰したらお米、塩、サフランを鍋に追加する。
②再度沸騰したら火を少し弱め(中火程度)ゆっくり鍋をかき混ぜる。
③パルメザンチーズを②に加え、水分が無くなってきたら火を止める。
④冷たくなるまで放置する(時間があれば冷蔵庫で冷やす)
 (平たいトレーの上に広げて冷ますと時短になります^^)
⑤モッツァレラチーズを冷たくなった④に万遍なく混ぜる。
⑥濡れた手のひらの上にスプーンですくった⑤を置き、親指で押して穴を作る。
⑦⑥の穴に詰め物を入れ、少し④を追加し穴を塞ぐ。
⑧溶き卵、小麦粉、水を混ぜ合わせて衣を作り、パン粉もトレーの上に用意しておく。
⑨天ぷら鍋に油をたっぷり入れて170℃になるまで加熱する。
⑩⑦の周囲に衣とパン粉を付け⑨に投入する。
⑪きつね色になったら引き上げて、キッチンタオルの上に置く。
⑫塩をパラパラかけて出来上がりです!

冷たくしてから召し上がっても美味しいですよ^^



| イタリア在住クレアの日誌 | 12:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT