*STORYのある器で、愛のある盛り付けを*

「料理は人に感動を与え一生の記憶に残る物」。レストランのようにプロが施すスタイリングも素敵だけれど、もっと手軽に家族や来客をワーっと驚かせるアットホームな盛り付けの方が心地良い。誰にでも手が届きそうな親しみのあるスタイリングで、今日から貴女も盛り付け美人を目指しませんか?

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

会津出張旅行記②


■漆器が出来るまで

漆器(木工品)が出来るまでは長い長い工程があり、ざっくりとお話しますと
森の中で木を伐採し加工ができるよう数年寝かせ
漆は漆の木を掻いて樹液を採るところから始まります。

陶芸やガラスのように0からのスタートではありません。
むしろマイナスからのスタートと言っても良いかも...です。

漆器は木工師、塗り師、蒔絵師・・と分業制が一般的ですから
冨樫さんは、塗り師として活動されていらっしゃいます。

DSC_1648.jpg
十分に乾いた木材を木工師さんがこんな風に成形していきます。
冨樫さんはこの時点でご自身の欲しい形に仕上げてもらえるよう
細かくリクエストを出しながら作品作りをされているそうです。
(木工師さんとの信頼関係が無いと出来ないことですよねぇ。)

DSC_1657_20170418104303cb2.jpg
木地の成形ができた後初めて塗り師の出番となります。
IMG_20170415_153251_2017041810443712d.jpg


■道具や材料にもホンモノ志向で

冨樫さんは国産の漆、国産の道具を惜しみなく使うことにコダワリを持っていらっしゃいます。
DSC_1664.jpg
DSC_1665.jpg
IMG_20170415_154035.jpg
裏話ですが・・・
漆を塗る刷毛には人毛が使用されていて、日本人の毛髪は
中国人の毛髪を使ったものの5倍のお値段なんですって‼
もちろん冨樫さんは日本人バージョンをご愛用されてます^^

IMG_20170415_153456.jpg
こちらは錫と墨を合わせたものです。漆に独特な風合いを齎せるために使います。
shibuichi.jpg

私が一目ぼれした幻想的な「四分一」シリーズは
この粉によって表現されていることが分かりました。
ナゾが解けてうれしかった~^^


■漆の豆知識

1本の漆の木から採れる樹液って、年間でどのくらいかご存知ですか?
正解は、たったの200ccこれだけしか採れないんですって!

また漆を乾かすには湿気が必要になるんですって。
空気中の水分で硬化するらしく、まったく洗濯物の逆で乾く性質があるそうです。

なんともミステリアスな話ですよね。


■伊勢志摩サミットで採用された杯。嗚呼それなのに...

DSC_1654.jpg
冨樫さんのゴブレットが、去年5月に行われた伊勢志摩サミットの会食の席で使われる予定でした。
しかし木地の準備が間に合わず、直前でお話がボツになってしまったそうです。
なんとも勿体なくて切ないお話で・・・涙が出そうでした~(T_T)

■会津の街はハートフル💗

DSC_1696.jpg

桜の花はまだ綻びはじめた程度でしたが、そろそろ見頃になっているはずですね。

DSC_1700.jpg

雪がまだ残る磐梯山~鶴ヶ城からの眺め。

DSC_1702.jpg

風情のある街並み。
DSC_1703.jpg
すごくセンスのいいギャラリーを見つけ中に入ると
おぉぉ!!冨樫さんのお重箱を発見!やっぱり素敵でした~~。

会津の街で出逢う人たちは皆対応が暖か(特に話し方が優しいのです❤)
また訪れてみたいな~と心から思いました。

次回は東山♨や郡山にも足を伸ばしたいなぁ~。

<冨樫孝男さんの展示会、企画展>
新宿伊勢丹や六本木ミッドタウン内にて開催の企画展に
ご出品予定があるそうです。
詳細分かりましたらまたご案内いたしますね!

| 作家さんの工房を訪ねて | 18:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

福島会津出張旅行記①

新しくお取引させて頂くことになりました漆作家の冨樫孝男さんに逢いに
土曜日にマオちゃんと二人で行って参りました~。

初めての会津女子旅。
マオちゃんは歴女だけど、今回はできるだけ芸術に触れる旅にしよう!
と決めて新宿バスタを朝9時に出発-3

4時間半ほどで会津若松駅に到着。
雨女の私が勝って、会津は雨模様(T_T) タクシーひろって冨樫さんの工房へ直行!
IMG_20170415_163730.jpg
冨樫さんの工房に無事到着~!

DSC_1644.jpg
odeshisan.jpg
お弟子さんは女性3名!黙々と作業されていました。
そんな中小1時間程取材させていただきました。


■3代目として稼業を継ぐ

お弟子さんたちの速やかなお仕事に目が釘付けになってしまった私たちに
冨樫さんの方から稼業を継ぐまでのお話や修業時代の興味深いお話について
お口を開いてくださいました。

ご祖父さんの代から漆業を営んでいる一富さん。二代目であるお父様の時代までは
請負のお仕事が多かったこともあり、今でもその請負のお仕事を引きついでいらっしゃいます。

稼業を継ぐために輪島で漆の勉強をして木曽のお師匠さんのもとで修業されたそうです。
夜は11時までお仕事があったので、朝早く起きて2食分のご自身のお弁当作りをしながら。
修業はとても厳しかったとおっしゃっていました。


また、小さい頃から世界地図や図鑑を眺めることが大好きだったという冨樫さん。
なるほど、だからなのかぁ~って妙に納得してしまいました。
だって、冨樫さんの作品にそれがちゃんと反映されています。
shibuichi1.jpg
shibuichi2.jpg
この四分一(しぶいち)シリーズの世界観は宇宙に居るような気分になります。
まさに子供の頃に見た世界地図や図鑑。西洋への憧れが投影されたものなのだ、、と思ってしまいます。

父親のように毎日同じことの繰り返し・・の仕事はしたくなかったんです。
この言葉もすごく心に響きました。



■作品づくりには"遊び心を"

伝統工芸の世界で生まれ育ったはずなのに
常に視野は外を向いていた冨樫さん。

そんな冨樫さんの作品には遊び心あふれるものが多く、
DSC_1649.jpg
例えば、この高級チョコレート (フフっ。チョコに見えるでしょ?)
でもチョコでもオブジェでもないんです。
DSC_1647.jpg
実はね、蓋物なんですよ~ヽ(^o^)丿

DSC_1650.jpg
こちらは香水入れです。

流石お若い作家さん。発想が豊かですよね。
チョコレート蓋物や、香水入れにはマオちゃんも絶叫してました。

チョコの蓋物には薬味を入れて
テーブルコーデしてみたい~とさっそくイメージが膨らんでます💕
DSC_1672_20170417193855526.jpg
ほかには、お重箱(欲しいでしょ?)や、
DSC_1643_201704171938538d5.jpg
DSC_1641_20170417193852bfe.jpg
折敷(これも欲しいでしょ?)も凄くセンスがいいのです!!
IVORYのためにぜひ作って頂きたいです~とお願いしてきましたので
完成を一緒に楽しみに待ってましょうね~ヽ(^。^)


~ つづく ~


| 作家さんの工房を訪ねて | 19:29 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

grow 後藤文生さんの工房を訪ねて


3日の午後、尚美さんの車で九重飯田高原の後藤さんのところに
行ってまいりました。

絶好のドライブ日和で景色も美しく
あっと言う間の2時間でした。
そういえば冬にお邪魔するのは久しぶりかもしれません。

DSC_1270.jpg
後藤さんのご祖父さんのお庭に手作りの工房を自ら建てられて、
こんなにお洒落な内装もすべて後藤さんプロデュースなんですよ~!
置いてある作品にも、ディスプレイにも愛情が感じられて
とても温もりを感じるスペースになっています。
お隣には作業場がありますが、いつもピシっと整理整頓されていて
後藤さんのキッチリとした性格が作品にも反映されているなぁと思いました。
DSC_1267.jpg
「わわ!この器は・・・!」と二人で大感激✨

美味しいコーヒーを奥様に淹れていただきました時に
尚美さんには同じく大分で陶芸をされている林裕司さんのカップで
私には尚美さんのブロンズのカップでサーブしてくださいました(なんというお心遣いなのでしょう!)
DSC_1269.jpg

お仕事の話で盛り上がり、二人でコラボ作品として、
バターケースを作りましょうか~というところまで発展!
もちろん初売りはIVORYで(*^^*)

私が今一番欲しいものなので、きっと皆さんの中にも欲しい方がいらっしゃるハズです。
これからサイズ等相談しながら試作品を作って頂こうと思っています。
完成がとても楽しみです♪

   +

お二人とも制作に追われてすっごく忙しいハズなのに、
新作のリクエストにめちゃめちゃ楽しそうに耳を傾けて下さって
申しわけないやら、有り難いやら・・。
でもやっぱり言ってみて良かった!と思いました。

短い時間でしたがとても有意義なミーティングでした。
お二人に感謝感謝です✨



※後藤さんのリーフ箸置き(各樹種)、新作木製ナイフ、杉しゃもじ、スプーン、フォークも沢山仕入れてまいましたヽ(^o^)丿

| 作家さんの工房を訪ねて | 20:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

橋本尚美さんの工房を訪ねて

いつも元気でチャーミングな尚美さん。
ポジティブなキャラは私までやる気スィッチが全開で入ってしまいそう^^

尚美さんとは個人的に親戚のようなお付き合いをさせて貰っています。
だけど一人の陶芸家として、とっても尊敬している女性でもあります。
もちろん人としても。
とにかく尚美さんは頑張り屋さんです。
特に仕事に関して100%プロの思考をお持ちでいらっしゃいます。
これ以上言うとね、褒め殺しとか思われちゃうのでこの辺にして(笑)
DSC_1256.jpg
最近作風を少し変えられたような感じです。
今までの女性らしさが出ていた作品も好きでしたが
クールな今の作風のほうが私には魅力的に映ります。
沢山欲しいものがあったのですが、残念ながらこちらの品々は
嫁ぎ先が決まっているそうです(^^ゞ
DSC_1260.jpg
ひょうたんの箸置き。これ待っていたのです!!
アイボリー色とゴールドがあります。どちらもお洒落だったので
大量に仕入れてまいりました\(-o-)/
DSC_1254.jpg
このお皿一番のお気に入りでした。今度作っていただきたいです♡
DSC_1259.jpg
今回見つけたグレーのお皿があまりにも素敵で素敵で・・。
今後このグレーシリーズの展開があるそうですよ(楽しみ~✨)
DSC_1258.jpg
やっぱりルリは素敵です♬ ずっと眺めていたいです^^




| 作家さんの工房を訪ねて | 23:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

湯布院 甲斐のぶお工房さんを訪ねて。

大分の実家には年に2回ほど帰りますので
工房めぐりは恒例行事となりました^^

ただ去年の年末は本家で法事が入っていましたので
元旦まではどこにも行かず2日から始動しました。

トップバッターは甲斐のぶお工房さん。

湯布院の駅まで奥様に🚙で迎えに来ていただいて
工房へ直行!!!

いつものパターンですと、由布岳には雪が残っているのですが
(下手すると道路も凍結してる)
今年は暖冬なんですね~全然スリップの心配がありませんでしたから^^

工房で社長の暢夫さんに新年のご挨拶を..
そしてショップ匙屋さんでは、新作などを仕入れてまいりました!

DSC_1239.jpg

最近のIVORYは清潔感のある竹製カトラリーが主流です。
(写真には載っていませんが、さかなフォークSも!)
DSC_1238.jpg
ほかにも目移りするほど魅力的なものが沢山あって困ってしまいます><

湯布院にご旅行の際はぜひ"塚原"の匙屋さんまでお出かけくださいね♬
きっと素敵なカトラリーとの出逢いが貴方を待ってますよ^^

| 作家さんの工房を訪ねて | 23:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT