*STORYのある器で、愛のある盛り付けを*

「料理は人に感動を与え一生の記憶に残る物」。レストランのようにプロが施すスタイリングも素敵だけれど、もっと手軽に家族や来客をワーっと驚かせるアットホームな盛り付けの方が心地良い。誰にでも手が届きそうな親しみのあるスタイリングで、今日から貴女も盛り付け美人を目指しませんか?

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

失敗を"無かったコト"にする盛り付けの裏ワザとは?

ピーっ(笛の音)
と言ってもクイズではありませぬ(笑)

実は今日からこっそりお仕事を再開しています。(ただいま~✋)
メールの返信など滞っておりましたので
今順番にお返事させていただいております。


九州も元旦雪が降ったけれど、それは大分だけじゃなく
全国的に雪だったみたいですね~⛄

急に大寒波が訪れてビックリでしたが、
その後寒さもだいぶ和らぎまして
こちらに戻る頃(昨日)は楽勝でした。

飛行機からの真っ白な富士山🗻がきれいだったなぁ~。


   +

さて、今日は久々に料理コラムを綴ります。

いつもtama cafeで頂いている韓国風海苔巻(キンパ)が
急に食べたくなって先ほど作ってみました。

NORI5f.jpg
じゃーん!!
「な、なんですかコレは(?_?)」という声が聞こえたよ(恥)

ハイ! 確かに超ダサダサの盛り付けです。間違いございません!
海苔巻とか作るの、すごい苦手なんですよ、実は手先がブッキーで(>_<)

ここで悪い所を分析☝

・ご飯と具材のバランス
・切り口が汚らしい
・太さが出てない
・見た目が美味しくなさそう
・並べ方に一体感がない


ざっと反省点はこんな所だと思います。


そこで、ちょっと手を加えてみることに..
take1
ベビーリーフ(50円だった)の葉っぱを使って2通りのアレンジを施してみました。
take1立体的にしてリーフを真ん中に挟みました。
take2_20150105194307b9c.jpg
take2はリーフを余白に埋めてみました。

いかがでしょう?
これだったらお客様に出せると思いませんか?

実はこれらの盛り付けには
ある法則が隠されています。全くの自己流なので法則と言ってよいものかは疑問ですが・・(^^ゞ

Wの法則
NORI1G.jpg
Wになるようにリーフを置く。

ジグザグの法則
NORI9g
葉っぱの位置をジグザグになるように置くとグンとsense upします。

■センターの法則
NORI4G.jpg
これは真ん中のお料理にアクセントをつけるテクニックです。
躍動感がUPして、これも効果的です。


誰にでもできる裏ワザです。
ぜひ、おもてなしの席にトライしてみてくださいね~。

お料理が失敗でも、美味しい!って絶対に言ってもらえるハズです(*^^)v


*使用したお皿は、奥田さんのロングセラーひびわれ角盛り皿です。
 キャンパスに絵を載せていくような感覚でとても盛り付けやすい作品ですよ(^_-)-☆

| 料理コラム | 20:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ivoryjp.blog118.fc2.com/tb.php/1827-4d96a48f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT