*STORYのある器で、愛のある盛り付けを*

「料理は人に感動を与え一生の記憶に残る物」。レストランのようにプロが施すスタイリングも素敵だけれど、もっと手軽に家族や来客をワーっと驚かせるアットホームな盛り付けの方が心地良い。誰にでも手が届きそうな親しみのあるスタイリングで、今日から貴女も盛り付け美人を目指しませんか?

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Wishing on a star  *七夕恋卓*

ようこそIVORY劇場へ(笑)

先日撮影したお料理スタイリングフォトを一挙公開します。
七夕に余裕で間に合ってよかった~~!

tanzaku.jpg

【Wishing on a star ~七夕恋卓~】

七夕に短冊を書いテーブルていたあの頃を
もう一度思い出しながら
夫婦ふたりで祝う七夕table


・・というのが、今回のコンセプトです^^

お料理も器もなんとなくピントが合ってないテーブルですが
良かったらご覧ください♬


DSC_3547.jpg
末國さんのモールコンポートグラス小に、小さな紫陽花を束にしてアレンジしました。
これとってもカンタン&カワイィ!!

DSC_3589_20150627162410551.jpg
パパイヤと小エビのハーブクリーム和えを奥田さんのわんスプーン(白)に🎶
ヨーロッパにも住んでいたことがあるMaoちゃんが、大昔の記憶を再現してくれました(笑)
DSC_3579.jpg
お素麺(揖保乃糸)をゆでて、たれの中に投入。トッピングは、千切りキュウリ、
錦糸卵、(茗荷を買い忘れたので(^-^;)、色が似ている"○下の新生姜"をせん切りに。
一番上には今流行りの泡(トマトジュースと白出汁のスプマンテ)を載せてみました。
オクラはサイズを変えて、織姫と彦星の2ショット風に♡

DSC_3612.jpg
ヒノキの重箱(masu)の中には、鰻とサーモン&アボカドの押し寿司を。
押し寿司のシャリの中には、白バルサミコ酢Nicolが!(これって寿司酢に最適だったのね!(^^)!)
人工大理石製のフタを裏返しにして、前菜2点を互い違いに並べるとタイりッシュになるなる。
白が織姫。黒が彦星。またしても2ショット風♡♡

DSC_3624.jpg
上から覗いたらこんな感じ。ふわっと香るヒノキフレーバーが最高!

DSC_3662500.jpg
真ん中には水野さんの銅彩釉ロング角皿(小)を並べて水をはり、紫陽花の花を浮かべました。
DSC_3682.jpg
デザートは冷やしておいた杏仁豆腐。クランベリーコンフィチュールとクコの実でデコレーション。
末国さんのモールグラス円は口縁が広いので遊べて楽しい!
十草長板皿はトレーとして使いました。 宝瓶とお揃い柄でよりスッキリ感を。。
ホンモノの十草も1本飾りました! (余計かな、、と想いながらも十草柄の上についつい(^-^;)

DSC_3671.jpg
夫婦だけど、銘々宝瓶でいただくお茶も、なかなかオツでしょ~?

☆a special thanx to Ms Issei Shiratori
今回素敵なご縁をいただき、お花、植物は全てアンジェロゼフラワーのIsseiさんに
お裾分けしていただきました。なんと!京都のご実家の庭から
摘んで東京まで運んできてくださったのです。ビックリ!!

tanabatar.jpg
予め、好きな感じの花、植物をIsseiさんにリクエストしていました。
和の花が好きなので、それを中心に選んできてくださったて...どれもこれもドンピシャ!!

wishingonasatr.jpg
この子たちの名前は"舞妓"。紫陽花の原形なんですって!ご存知でしたか?
"るりまつり"にも似ているなぁ・・と思いながら、この水色~グリーンのグラデーションにウットリ。

心がウキウキするのが洋花で、
心が落ち着くのは和花。


最近ではtableセッティングと同様に、花選びも楽しみになりました。
心が豊かになってきた証拠かな( ^)o(^ )


+++++

Wishing on a star...

たまには御主人さまへの感謝の気持ちを込めて
七夕の夜にアレンジしてみてはいかがでしょうか?

| 料理コラム | 17:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ivoryjp.blog118.fc2.com/tb.php/1943-b55fb265

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT