*STORYのある器で、愛のある盛り付けを*

「料理は人に感動を与え一生の記憶に残る物」。レストランのようにプロが施すスタイリングも素敵だけれど、もっと手軽に家族や来客をワーっと驚かせるアットホームな盛り付けの方が心地良い。誰にでも手が届きそうな親しみのあるスタイリングで、今日から貴女も盛り付け美人を目指しませんか?

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

余ったリゾットで作れるアランチーニ *レシピあり

イタリアに居るクレアと最後に会ったのは2年前。
(もう2年も経つのか~~)
でも仕事上でずっと繋がっているので
あまり距離を感じたことがありません。
今までは遠い国に思えていたのに。不思議です。

クレアの娘、マッデリーナはジュネーブの大学に通っていて
息子のフランチェスコは隣町ボローニャの高校3年生。
子育てから手が離れたところで、余った時間をどうするか悩み
「やっぱり私には仕事よりも勉強がいい」と決断。
2年ほど前から大学に戻り、得意の文学、英語、ドイツ語を勉強しています。

優秀な彼女は主婦業も完璧です。
手料理はお世辞抜きで美味しいの!!

ここまでデキる女性ってほんとに頭下がるわ~~~( ^)o(^ )

久々に、何か手軽に作れるレシピが無いものかと
先日リクエストをしたところ
簡単なスナックの作り方を教えてくれました。

アランチーニ(Arancini)ってご存知ですか?

そういえばイタリアンレストランで見かけることありますよね?
(某有名店ではチキンライスコロッケとか呼んでたような。。)

彼女のお手製アランチーニを作ってもらいましたので、ご覧ください!


Arancini 1
Arancini, named after the little oranges that these fried rice balls are said to resemble, are best known in this country as a handy way to use up leftover risotto. In fact, they hail from a land far too sun-baked to have developed much of a taste for rich, starchy rice dishes. Indeed, they are said to have been introduced to Sicily by the Arab invaders who also brought rice to the island in the 10th century and, according to Giorgio Locatelli in The Food of Sicily, have only latterly been adopted by the traditional risotto belt far to the north.He reckons they would have fulfilled much the same function as a pasty in this country – the perfect portable, high-energy snack for a day's work in the fields or out on fishing boats. Antonio Carluccio describes them as the Sicilian equivalent of "a sandwich at lunch". They also make ideal picnic fare and, thanks to their ability to soak up large amounts of alcohol, unsurpassable party food.
アランチーニは、10世紀頃アラブ人たちがシチリア島を侵略した際に伝わったお料理です。
オレンジに似ていることから"アランチーニ"(イタリア語でオレンジの意)と名付けられました。
当時は仕事場に持って行くお弁当として人気があったそうです。

Arancini 3

You can have different fillings for arancini – you can keep it simple, as with mozzarella and shredded ham, or complex, as with ragu with peas and cheese, though I think molten mozzarella is probably mandatory. Cutting that mozzarella up into small pieces and distributing it throughout the filling, rather than just stuffing a piece into the centre, makes the arancini more interesting to eat. I've stuck with the classic saffron to flavour the rice.
中に入れる物(filling)は好きなものを入れられますが、おそらくモッツアレラチーズは必須です。
できれば細かくカットして隅々までまんべんなく行き渡るように詰めるのがコツです。
*そうした方が出来上がったときに美味しく頂けます。

Arancini 4
今回、モッツァレラチーズと刻みハム入りのアランチーニを作ってみました。

Some use the classic flour, egg and breadcrumb coating. I'm sold on the Sicilian pastella, or batter, a mortar layer of egg, flour and water that goes on before the breadcrumbs and makes the shell crisp and robust, even when the arancini are left to cool, as they would traditionally be in their homeland.
As the name suggests, arancini are classically quite large, whether they're round or conical, though now they are more popular as antipasti, they are shrinking: from 8 cm some suggest making them the size of a tangerine, or an apricot. Adjust to suit the occasion.
昔は大きなサイズで作られていましたが、今では"前菜"の一品として作られるおとが多いので
小さ目に作る方が増えてきました。 目的によって大きさを変えると良いと思いますよ。

Almost everyone deep-fries their. If your concern is health-related, bear in mind that arancini probably shouldn't be a regular part of your diet anyway. And if it's financial, well, unless you live somewhere where olive oil is cheaper than the vegetable sort, the latter is absolutely fine here. This is a dish you can make almost entirely from leftovers, after all.
結構な油を使いますからダイエットに良いとは言えませんが、残り物の"片づけ"?が出来るから、
ある意味経済的な料理とも言えますよね(^^ゞ


☆材料 (10個分)
※余ったリゾットがある場合は⑤から始めてください

コンソメスープ 800ml
米  250g
塩 1/2
サフラン  適宜
パルメザンチーズ 50g
モッツァレラチーズ 150g
中に詰める物 (例 ハム、マッシュルーム
卵 1個
小麦粉 170g
パン粉 500g
オイル 適宜

☆つくりかた
①スープを温めて沸騰したらお米、塩、サフランを鍋に追加する。
②再度沸騰したら火を少し弱め(中火程度)ゆっくり鍋をかき混ぜる。
③パルメザンチーズを②に加え、水分が無くなってきたら火を止める。
④冷たくなるまで放置する(時間があれば冷蔵庫で冷やす)
 (平たいトレーの上に広げて冷ますと時短になります^^)
⑤モッツァレラチーズを冷たくなった④に万遍なく混ぜる。
⑥濡れた手のひらの上にスプーンですくった⑤を置き、親指で押して穴を作る。
⑦⑥の穴に詰め物を入れ、少し④を追加し穴を塞ぐ。
⑧溶き卵、小麦粉、水を混ぜ合わせて衣を作り、パン粉もトレーの上に用意しておく。
⑨天ぷら鍋に油をたっぷり入れて170℃になるまで加熱する。
⑩⑦の周囲に衣とパン粉を付け⑨に投入する。
⑪きつね色になったら引き上げて、キッチンタオルの上に置く。
⑫塩をパラパラかけて出来上がりです!

冷たくしてから召し上がっても美味しいですよ^^



| イタリア在住クレアの日誌 | 12:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ivoryjp.blog118.fc2.com/tb.php/1950-501058c2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT