*STORYのある器で、愛のある盛り付けを*

「料理は人に感動を与え一生の記憶に残る物」。レストランのようにプロが施すスタイリングも素敵だけれど、もっと手軽に家族や来客をワーっと驚かせるアットホームな盛り付けの方が心地良い。誰にでも手が届きそうな親しみのあるスタイリングで、今日から貴女も盛り付け美人を目指しませんか?

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

坂本和歌子さんの工房にお邪魔してきました。

去年湯布院で開催されていた個展で、坂本和歌子さんの作品を拝見し
いつかご本人にお会いしてみたい・・と思っておりました。
その願いが1年後に叶うことに...!
DSC_0663_20160723182607418.jpg
昨日、甲斐のぶお工房の綾子さんのエスコートで城下町、杵築の町中にある
和歌子さんの工房にお邪魔させていただきました。
市役所の斜向かいにある工房は、昔ご祖母さんが洋品店をされていた跡地という事で
和歌子さんは大分市内から1時間強もかけて通勤をされていらっしゃいます。
(まるで私みたいだぁ~💦)
DSC_0644.jpg
ウェルカムドリンクは和歌子さん作の美しい夏色マグで出てきて大感激!
DSC_0648.jpg
和歌子さんのマグは取っ手が特徴的です。
すごく握りやすいんですよ。この取っ手は一度使うとハマってしまいそうです。
wakacoceramic1.jpg
ズシンと存在感のある窯を見せていただきました。週に2回焼成していらっしゃるそうです。
DSC_0652.jpg
このカップたちをIVORYでも是非取り扱わせてほしいとお願いしてきました!
DSC_0651_201607231854244c5.jpg
白も濃グレーも濃いグレーもほんとに素敵な色でした。
DSC_0656.jpg
でも本命はこちらの薄グレー色!
この一輪挿しは我が家に連れて帰ることにしました❤
DSC_0661.jpg
エントランスの脇にも作品の演出が!
DSC_0658.jpg
多肉が好きなんです・・とハツラツとした口調の和歌子さんは
想像どおり、凄くエネルギッシュでオーラのある素敵な女性でした。

和歌子さんの器は全国の方々からとても人気で
かなり待つことになるとは思いますが
いずれIVORYにもお嫁にやってきますので、入荷をお楽しみにお待ちください。









| 作家さんの工房を訪ねて | 19:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ivoryjp.blog118.fc2.com/tb.php/2216-2de90f0b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT