*STORYのある器で、愛のある盛り付けを*

「料理は人に感動を与え一生の記憶に残る物」。レストランのようにプロが施すスタイリングも素敵だけれど、もっと手軽に家族や来客をワーっと驚かせるアットホームな盛り付けの方が心地良い。誰にでも手が届きそうな親しみのあるスタイリングで、今日から貴女も盛り付け美人を目指しませんか?

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

林裕司さんの工房にお邪魔してきました。

4ヶ所目のハシゴは、甲斐さんのところから🚙で10分くらいのところにある
蛟龍窯・林裕司さんの工房です。
DSC_0710_20160723215303119.jpg
晴れた日のこの時間に由布岳を見たのは初めてだったかも。。
ということで何枚かパチリ!
DSC_0708.jpg
ちょうど日が沈む頃にアポイントがあったのでグットタイミングでした♪
DSC_0713.jpg
4月の大地震で殆どの作品とお別れすることになった林さんに
あの時かける言葉が見つかりませんでした。
それなのにご夫妻ともいつもと変わらぬ笑顔で出迎えてくださって
凄く嬉しかった!!

湯布院は少しづつ元気になってる。
いや、もう元気なんだ~と実感しました。

残念なことにIVORYにお嫁に来る予定だった作品も
全てが破損してしまったと聞いて、ショックでしたが

林さんの方が
「申しわけない・・の一言です」の一点張り。

生み出した作品が被害に遭ってしまった悲しさで
いっぱいなのは林さんご自身なのに、、
お心遣いいただいて、こちらの方が切なさと虚しさでいっぱいになりました。
DSC_0714.jpg
数日間車中での避難生活も余儀なくさせられ
陶芸窯にも大きな損傷があったため仕事も出来ず
お仕事再開できたのは最近のことのようで、、
以前お尋ねしたときよりも作品の在庫は少なくなっていました😢
DSC_0712.jpg
それなのに
いつもと変わらぬ奥様のセンスのいいスウィーツでおもてなしして下さって...😢😢

観光客が激減した湯布院で、廃業寸前になったお店のお話を聞いたり
"あの日"の事を詳しく伺ったいるうちに、あっという間に夜も更けていきました...

林さんの作品は少しづつになりますが来月からHPで紹介していきますので
楽しみにしていてくださいね!

  +

以上、工房のハシゴものがたり いかがでしたでしょうか。

地震の影響が大きく心も折れそうになったこともあったと思います。
励まして差し上げることができたら、、との思いで訪れたのに、
逆に元気をいただいてしまいました。。

もう大分は前を向いているんだ~と少しほっとしました。
明日東京へ戻りますが、この出張が大分復興のお役に立てるようであれば
嬉しく思います。微力ではありますが、おんせん県大分を応援しています。

*今回もまた温泉に浸かる時間はなかったけれどね~(T_T)

| 作家さんの工房を訪ねて | 22:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ivoryjp.blog118.fc2.com/tb.php/2219-262f19d6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT