*STORYのある器で、愛のある盛り付けを*

「料理は人に感動を与え一生の記憶に残る物」。レストランのようにプロが施すスタイリングも素敵だけれど、もっと手軽に家族や来客をワーっと驚かせるアットホームな盛り付けの方が心地良い。誰にでも手が届きそうな親しみのあるスタイリングで、今日から貴女も盛り付け美人を目指しませんか?

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

桃の節句女子会テーブル

_DSC2359.jpg

今日の出張コーデは都内KM邸にて。
インテリアデザインを勉強されていたKMさんの設計で建てられた
素敵すぎるお家です。

大きなアンティーク調の玄関ドアを開けると
正面に中庭が見え、内壁も(私の大好きな)打ちっぱなし。

リビングに入ると大きな吹き抜けが・・。
ソファやチェストやチェアは全てUKから運んできたアンティーク。

すべてが贅沢な空間・・ヨーロッパのお家そのもので、溜息が出ました。

それもそのはず、依頼人KMさまはUKに17年間住んでらした経験が。

う~ん、超~納得

だってね、キッチンカウンターも凄くコダワリがあって
DSC_1415.jpg
UK郊外で買い付けてきたという渋いワインボトルラック。

何もかもがオシャレ~なのです。
こんなお家に住みたいな~とセッティングしながら見惚れてしまいました♡

この続きは明日のクイズで お話ししますね♪

            

| 食空間アドバイザーとしての活動 | 23:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ivoryjp.blog118.fc2.com/tb.php/2358-9d8c1ad5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT