*STORYのある器で、愛のある盛り付けを*

「料理は人に感動を与え一生の記憶に残る物」。レストランのようにプロが施すスタイリングも素敵だけれど、もっと手軽に家族や来客をワーっと驚かせるアットホームな盛り付けの方が心地良い。誰にでも手が届きそうな親しみのあるスタイリングで、今日から貴女も盛り付け美人を目指しませんか?

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

福島会津出張旅行記①

新しくお取引させて頂くことになりました漆作家の冨樫孝男さんに逢いに
土曜日にマオちゃんと二人で行って参りました~。

初めての会津女子旅。
マオちゃんは歴女だけど、今回はできるだけ芸術に触れる旅にしよう!
と決めて新宿バスタを朝9時に出発-3

4時間半ほどで会津若松駅に到着。
雨女の私が勝って、会津は雨模様(T_T) タクシーひろって冨樫さんの工房へ直行!
IMG_20170415_163730.jpg
冨樫さんの工房に無事到着~!

DSC_1644.jpg
odeshisan.jpg
お弟子さんは女性3名!黙々と作業されていました。
そんな中小1時間程取材させていただきました。


■3代目として稼業を継ぐ

お弟子さんたちの速やかなお仕事に目が釘付けになってしまった私たちに
冨樫さんの方から稼業を継ぐまでのお話や修業時代の興味深いお話について
お口を開いてくださいました。

ご祖父さんの代から漆業を営んでいる一富さん。二代目であるお父様の時代までは
請負のお仕事が多かったこともあり、今でもその請負のお仕事を引きついでいらっしゃいます。

稼業を継ぐために輪島で漆の勉強をして木曽のお師匠さんのもとで修業されたそうです。
夜は11時までお仕事があったので、朝早く起きて2食分のご自身のお弁当作りをしながら。
修業はとても厳しかったとおっしゃっていました。


また、小さい頃から世界地図や図鑑を眺めることが大好きだったという冨樫さん。
なるほど、だからなのかぁ~って妙に納得してしまいました。
だって、冨樫さんの作品にそれがちゃんと反映されています。
shibuichi1.jpg
shibuichi2.jpg
この四分一(しぶいち)シリーズの世界観は宇宙に居るような気分になります。
まさに子供の頃に見た世界地図や図鑑。西洋への憧れが投影されたものなのだ、、と思ってしまいます。

父親のように毎日同じことの繰り返し・・の仕事はしたくなかったんです。
この言葉もすごく心に響きました。



■作品づくりには"遊び心を"

伝統工芸の世界で生まれ育ったはずなのに
常に視野は外を向いていた冨樫さん。

そんな冨樫さんの作品には遊び心あふれるものが多く、
DSC_1649.jpg
例えば、この高級チョコレート (フフっ。チョコに見えるでしょ?)
でもチョコでもオブジェでもないんです。
DSC_1647.jpg
実はね、蓋物なんですよ~ヽ(^o^)丿

DSC_1650.jpg
こちらは香水入れです。

流石お若い作家さん。発想が豊かですよね。
チョコレート蓋物や、香水入れにはマオちゃんも絶叫してました。

チョコの蓋物には薬味を入れて
テーブルコーデしてみたい~とさっそくイメージが膨らんでます💕
DSC_1672_20170417193855526.jpg
ほかには、お重箱(欲しいでしょ?)や、
DSC_1643_201704171938538d5.jpg
DSC_1641_20170417193852bfe.jpg
折敷(これも欲しいでしょ?)も凄くセンスがいいのです!!
IVORYのためにぜひ作って頂きたいです~とお願いしてきましたので
完成を一緒に楽しみに待ってましょうね~ヽ(^。^)


~ つづく ~


| 作家さんの工房を訪ねて | 19:29 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Does this trip have a purpose in 會津若松

We went to see the steam train in 真岡鐵道

| | 2017/04/18 21:21 | URL | ≫ EDIT

Hi! Nice seeing you again. Are you still in Tokyo?
Yes, this is the job we wanted to do in 会津若松.
We also saw the steam train the day before we met. It was great!
I hope you guys enjoyed your stay a lot in Fukushima☺

| gwanko | 2017/04/19 10:20 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ivoryjp.blog118.fc2.com/tb.php/2405-ab446940

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT