*STORYのある器で、愛のある盛り付けを*

「料理は人に感動を与え一生の記憶に残る物」。レストランのようにプロが施すスタイリングも素敵だけれど、もっと手軽に家族や来客をワーっと驚かせるアットホームな盛り付けの方が心地良い。誰にでも手が届きそうな親しみのあるスタイリングで、今日から貴女も盛り付け美人を目指しませんか?

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

エコ&オーガニックな暮らしに憧れて

kokebee.jpg

豪州シドニーのサプライヤー、こけびーさんと
昨夜地元の焼き鳥屋さんでお会いしました。

地元の焼き鳥屋さん? なんで?

と思われた方に少々ご説明いたしますと・・
滞在先がたまたまうちの近所のご友人宅だったからなんです。

これも不思議なご縁で繋がっているとしか思えない。

長年ダンサーとして世界中(豪州 中国 香港)を駆け回っていた彼女は
初対面とは思えない自然体の気さくな女性でした。

これは主観ではありますが、若い頃から海外に出てる方って
芯が強く自立している方が多いような気がします。

豪州は日本から移住していく方が多い国のひとつ。
永住権を取るのに様々な条件があることを以前聞いたことがあります。

大学院で〇〇学部を卒業すること  
〇〇士の資格を所持すること
芸術系の○〇が出来ること

こんな感じで何か1つ秀でるものを持たないと永住権が貰えないのです。
(うろ覚え、、ですが確かこんな感じだったと思います)

若しくは、永住権を持つ男性と結婚をすること
もしかしたらこれが一番手っとり早い条件だったりして(笑

シドニーは日本よりも住宅(賃貸の場合は家賃)が高く、その点では住みづらいようですが
治安や子育ての環境は最高らしいです。自然も一杯あるしノビノビできそうですよね~。

なんたってエコ&オーガニック王国です。
国民のほとんどが地球環境に気遣っているそうです。
ヘルシーなものに囲まれて綺麗な空気を吸って暮らせるのは羨ましい限り。
医療費も確かあまりかからないと聞いたことが・・
(出産には費用がかからないみたいです。日本も真似したらいいのに...なんて!)


そう、それで昨日の焼き鳥屋さん。
隣の席のサラリーマンたちの🚬の煙が息苦しくて・・
お店の人に席を替えてほしいと言おうと思ったのだけど
満席のような感じだったからジっとガマンしてました(>_<)

やれやれ日本人の意識が変わるのは当分先なのかもしれません。
それでもめげずにエコ&オーガニックライフを提案していこうと思ってます☆

☆こけびー 食品用ecoラップ 大量に入荷しました!
http://www.ivory.jp/SHOP/bee001.html

| つながり | 23:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ivoryjp.blog118.fc2.com/tb.php/2444-4051e8b8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT