*STORYのある器で、愛のある盛り付けを*

「料理は人に感動を与え一生の記憶に残る物」。レストランのようにプロが施すスタイリングも素敵だけれど、もっと手軽に家族や来客をワーっと驚かせるアットホームな盛り付けの方が心地良い。誰にでも手が届きそうな親しみのあるスタイリングで、今日から貴女も盛り付け美人を目指しませんか?

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

クリスマスの晩にプレビュー

今年のクリスマスもあと僅かとなりました。
そんな時に徳山久見子さんの器のプレビューを!
DSC_1396500.jpg
monet ブルーグリーンの鉢。6寸、7寸、ボウル。久見子さんの作品は何度も何度も
異なった色の釉薬をかけて焼成しています。釉薬を重ねると土の部分がもろくなり焼成時に切れたりゆがんだりするリスクがあります。久見子さんの器は常に「一期一会=オンリーワン」の作品ばかりです。
DSC_1371.jpg
ノスタルジック感あるれる大人っぽいあじさい。箸置きにどうぞ!
DSC_1389.jpg
DSC_1392.jpg
使わずに玄関のような人の目に触れる場所にディスプレイしておきたい大鉢。
深い色にブロンズのフチが一段とお洒落にうつります。

preview_201712252324538fe.jpg
キルシュグラスとロックグラスは本日UPしました。

| | 23:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ivoryjp.blog118.fc2.com/tb.php/2538-882a7d67

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT